tonari note

オンラインゲームエンジニアの雑記

Unityに自作ライブラリのDLLを参照させるお話

複数のゲームを作る場合、似たようなゲームのロジック部分などをライブラリ化し、使いまわしたい場合があります。
Unityでは以下のようにしてDLLを参照させることができます。

f:id:ykimisaki:20130708231448p:plain
f:id:ykimisaki:20130708231549p:plain
クラスライブラリを作成します。

f:id:ykimisaki:20130708231714p:plain
f:id:ykimisaki:20130708231839p:plain
プロジェクトのプロパティから、対象のフレームワーク.NET Framework 3.5に変更します。
これは、Unityが.NET 3.5までにしか対応していないためです。

f:id:ykimisaki:20130708232057p:plain
ビルドの一番下にある出力パスを書き換えます。
出力先は、現在作成しているUnityプロジェクトのAssetフォルダです。

f:id:ykimisaki:20130708232608p:plain
f:id:ykimisaki:20130708232739p:plain
プロジェクトを右クリックし、ビルドすると、UnityのAssetにDLLが作成されます。

実はUnityはプロジェクトをIDEとSyncする際に、Asset以下にあるDLLを自動でプロジェクトの参照に加えます。
そのため、他のライブラリのDLL等もAsset以下にドラッグ&ドロップするだけで使用できるようになります。